行政書士法人GOAL

取材依頼はこちら

女性ドライバー確保に向けた動き

運送業許可専門の小山です。
今回は運送業における大きな課題であるドライバー確保に向けた国土交通省の取り組みのご紹介です!

運送業界の人材不足

まず、現状を見てみると平成27年に国土交通省と厚生労働省の調査によるとドライバーの年齢層が非常に高く(40代~50代)、若者が割合、特に女性の就業者の割合が低いという傾向にあり、人材不足への課題は深刻な状況となっています。

国土交通省・厚生労働省「トラックドライバーの人材確保・育成に向けて」より抜粋

行政の取り組み

こうした深刻な状況にあることから行政の方も人材確保・環境整備への取り組みをしています。
3月13日の国土交通省の発表によると女性等ドライバーの確保に向けてまずはそもそもの車両のあり方について3月14日検討会が開催され、11月を目処にガイドラインが発表されるとのことです。
どのようなガイドラインになったか発表されましたら、こちらでも再度お伝えしたいと思いますので、ご覧頂ければと思います。

まとめ

技術は日々進化していくのはもちろん重要なことですが、やはり人というファクターは技術がどんなに進歩してもなくならないものだと思います。
そうした中で人材を確保していくにはやはり現状を変えていくしかないと思いますので、こうした行政の取り組みは素晴らしいですね!
少しでも課題が解決されることを願います。

一般貨物自動車運送業新規許可取得の要件とは?【人の要件:運転手】

この記事は【の新規許可を取得したい方向け】の記事です。
今回は前回の整備管理者に続いて人の要件のうちの最後、運転手についてです!

運転手

一般貨物自動車運送事業において事業計画を円滑に遂行できるように必要な人数の運転手を常時選任しておかなければならないとなっています。

運転手の要件

常時選任できる運転手は下記の事項に該当しない者となっています。

  • 日々雇い入れる者
  • 2ヶ月以内の期間を定めて使用される者
  • 使用期間中の者(14日を超えて引き続き使用される者を除く)

必要な人数

具体的な人数は法律等には示されておらず、国土交通省から一般的な指針が示されています。
(1)営業所全体に公休日がある場合
荷主の休日にあわせて営業所全体が休みとなることが多く週単位に休日があり、1人1車を原則とすれば、
【運転者数】×(7日−休日数)≧{車両数}×(7日−休日数)
【運転者数】≧{車両数}

(2)営業所全体が無休の場合
車両は無休で稼動し、運転者に週 1日の公休を与え、かつ、1人1車を原則とすれば、
【運転者数】×(7日−休日数)≧{車両数}×7日
【運転者数】≧1.2(≒7/6)×{車両数}

まとめ

なかなか人員の確保が困難な運転手ですが、事業を行っていく上で必要不可欠ですので、しっかりと確保していきましょう!
次回は人の要件の番外編で役員の法令試験についてお伝えします。