行政書士法人GOAL

取材依頼はこちら

【産廃】講習会が中止で申請ができない!?

現在、産業廃棄物収集運搬業の許可をお考えのお客様から「講習会が無いので申請は出来ないのでしょうか」といった質問をいくつか頂いています。
本当に申請が出来ないのでしょうか?分かりやすく解説します。

通常の講習会は中止だが暫定講習会は開催されている

産業廃棄物収集運搬業の許可要件の一つに技術的能力があることが必要です。
この要件を満たすためには公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)が開催している講習会を受講し修了していなければなりません。

ただ、現在は新型コロナウイルスの影響で通常の講習会の開催が中止されていて暫定講習会の開催のみとなっています。
暫定講習会は事前にパソコンで講義ビデオを視聴して受講し、会場で試験を受ける2段階形式の方法となっています。
従来の講習会よりも新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために受験人数も定員枠を減らしての開催となっています。

暫定講習会のスケジュールや概要とは?

暫定講習会も3月までの申込みは終了しており、4月以降の試験日程は、3月23日に公開されました。
講習会スケジュールはこちら
2021年4月1日9:00-から申込受付開始されます。

2021年度は暫定講習会での開催で2020年度に引き続き、事前にパソコンで講義ビデオを視聴して受講し、後日、会場で試験を受ける2段階形式により行われます。

2021年度の新規過程は4,5月は開催せずに6月の茨城県からのスタート、更新過程は4月は開催せず5月の北海道からのスタートで関東は6月の栃木県から開催スタートになります。

茨城県では現在新規申請の際の誓約書での申請は受け付けていないので、6月の講習会を受けて合格後に修了証が届くまで新規申請はできない状態となっています。

茨城県で新規申請を考えている方は申請のスケジュールにご注意ください。

また暫定講習会での開催ですので、定員も60名前後になっていますので、6月新規過程の申込みをお考えの皆様は4月1日9:00-に必ず申し込みをしましょう!

講習会を受けられない場合の救済措置

先ほどの通り「講習会が受講できないので、申請が出来ないのでは?」とお考えのお客様からのご相談も増えています。
自治体によっても対応が異なるところもありますが、多くの自治体では、講習会の受講出来ない場合には申請時に誓約書を提出すれば申請が出来るように対策が取られています。

ですので、結論としては「講習会が開催されていなくとも申請自体は可能」です。

ただ、この誓約書での申請も条件が付いていて申請後講習会を受講し、講習会の修了証が提出出来ない場合には許可申請が取り下げとなり、取り下げとなった場合には申請時に支払った申請手数料が返還されなくなります。

また修了証が提出されるまではその他の許可要件を満たしていても許可証は交付されませんので、ご注意ください!

まとめ

●産業廃棄物収集運搬業の許可要件に必要な、(公財)日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)開催の講習会は現在中止されている。
●講習会が開催されていなくても、多くの自治体では申請時に誓約書を提出することで申請が出来る場合がある
●その場合は、申請後講習会を受講し、終了証を提出しなければ許可申請が取り下げとなるため注意が必要
●暫定講習会はWEB受講が出来、2021年4月1日から予約が開始される

その他講習会以外のことでもご不明点ございましたら、お気軽に弊所までお問い合わせください。

タピオカとプラスチックの良くない関係とは

もうブームになって久しいタピオカ。家の周りにも、職場の近くにも、タピオカ専門店ができて、にぎわいを見せています。
が、一方で問題になっているのが飲んだ後のプラスチック容器のごみ。コーヒー店のテイクアウトでもそうですが、飲んだ後、どこに捨てているのでしょう?
自動販売機横の空き缶の屑入れにタピオカのプラスチック容器が入っていたり、道端に落ちていたりもしています。

弊社の廃棄物関連のお客様もTV番組の特集に出ていましたが、受け入れきれないくらいにプラスチックごみが積み上がっていました。国内の処分も間に合わず、そして処理費用も高騰し続けています。

このところのニュースでもよく見かけますが、いま日本のみならず世界でプラスチックゴミが問題になっています。2017年12月31日、中国は“洋垃圾(外国ゴミ)”の輸入を禁止しましたが、日本も多くの廃棄物を中国に輸出しており、その受入が止まったことによって国内で特にプラスチックごみが溢れているのです。

そうなると高まるのが不法投棄などの不適正処理です。

日本で1日に平均で排出されるプラスチックごみの量は約2万5000トンと言われています。国連環境計画によると、プラスチック容器包装のごみについては、国民1人あたりでは米国に次いで世界2位の廃棄量とされています。これからさらに暑くなっていくに連れて自動販売機などでプラスチック容器に入った飲料の消費が増えるでしょう。

ごみは分別することによってリサイクルしやすかったり、適正処理できるようになります。例えばプラスチック容器にタバコの吸い殻やゴミを入れてしまっているとプラスチックとしてのリサイクルは難しくなります。

国内のプラスチック問題が高まりを見せる中でのタピオカブーム、消費者としてもプラスチック容器のゴミ問題をしっかり考えて間違ってもポイ捨てなどしないようにしてほしいものです。

上智大学法科大学院で講義させていただきました

2017年改正廃棄物処理法施行を受けて、排出事業者や処理業者は、どのような事業展開を考えているのか。新たなビジネス環境はどのようになっているのか。

法律の執行実態はどのようになっているのか。

具体的事例の報告を通じて、廃棄物処理法実務における排出事業者・処理業者の対応の方向性について、多角的に検討するソフィア・エコロジー・ロー・セミナー【Bセミナー】で「産業廃棄物処理実務の最前線」の講師の一人としてお話させていただいてきました。

今回のテーマは「電子契約の仕組みと将来の展望~電子契約書を取り巻く法制度」ということで、自社の関連会社で運営している廃棄物業界特化型の電子契約システム(https://weee.co.jp/)について運用だけでなく、法的側面からのアプローチでお話させていただきました。

e文書法や電子契約法、IT書面一括法、電子帳簿保存法に環境省令など様々な法律が絡む中で、いかにして廃棄物業界特有の要件を満たしながら電子契約によってコスト削減、業務効率化、コンプライアンスの徹底を図っていくのかについてがテーマでしたが、参加者が学生だけでなく、現役の教授や弁護士、廃棄物業界の経営者も多数参加されていたので非常に緊張感のある時間でした。

 弊社では産業廃棄物についての許認可だけでなく、業界の発展に貢献するために積極的にセミナーなどでの情報発信や各種関連事業も行っています。

ぜひ講演、執筆などのご依頼がございましたらお気軽にご相談くださいませ。