行政書士法人GOAL

取材依頼はこちら

神社で廃棄物処理?お焚きあげと焼却処理について

あっという間に1月も過ぎようとしていますが、もう神社への初詣は済ませたでしょうか?
個人的には氏神様である鳥越神社、毎年参拝させていただいている箱根神社の他、事務所のメンバーで神田明神に行ってまいりました。

そして初詣の際には古いおふだやお守りなどを納め、新しくすると思いますが、この古いお札やお守りなどを焼く「おき上げ」が実は問題になっています。

神社は廃棄物処理場ではない

実は、このお焚きあげに際し、付近の住民が、家庭のゴミを持ち込み、一緒に燃やしているという事案が全国で増えているのだそうです。
たとえば城山八幡宮(名古屋市)では、小正月(1月15日)の伝統行事「どんど焼き」ではお札やお守り、正月飾り以外は燃やせないとホームページで周知を図っています。

神社は廃棄物処理場ではありません。
なんでも焼ける訳がありません。
小正月の時期、全国の神社は困り果てています。
注連縄・松飾りなどのお納めは有料とします。
下記の持込はできません。
本・ノート・写真・カレンダー・置物・祝儀袋・家庭廃棄物等・手紙・葉書
手帳・鞄・ランドセル等・家庭で飾った鏡餅・橙等・レジ袋・紙袋

城山八幡宮のHPより引用)

どんと焼きとはもともと、お正月飾りの門松やしめ縄、古いお札やお守りなどを、火にくべて焼き払う日本の伝統行事であり、お正月に天から下りてきた歳神様は、どんど焼きの煙に乗って天に帰るとされ、それをお見送りするために行われると言われています。
当然ながら家庭のゴミを燃やすものではありません。
ゴミを処分するには廃棄物処理法の規制があり、家庭のゴミを焼却するのは一般廃棄物の焼却処理にあたりますし、これに違反すると罰則もあります。

焼却処理とは

焼却処理とはごみの減容化や無害化、再資源化を目的として、ごみを燃焼したり、その燃焼によって生じる焼却灰を溶融したりする技術のことをいいます。
焼却をすると大気中に有害物質が飛散する恐れもありますので、法律で基準が定められる他、不法投棄も野焼きも、5年以下の懲役または、1000万円以下の罰金に該当します。

ゴミを出す側も処理の担い手に

こうした伝統的な神事は大切ですが、こうした事例が増えているため、神事を取りやめている神社が増えているようです。
日本の伝統がゴミの出し方でなくなってしまうなんて残念ですね。
言うまでもなく、ゴミの適正処理はゴミの処分業者だけでなく、ゴミを出す側と一緒に推進していくべきです。
未だ家庭ごみの選別の不徹底などから運搬車の火災は全国で起きていますし、捨て方がまずいためにリサイクルが推進できていないという事実があります。
 

 
これから4月に向かいオフィス移転、自宅の引っ越しなどが増える時期です。
自分たちが出すゴミの出し方、環境に優しい出し方なのか、注意してみたいですね。
 

廃棄物業界の最前線を感じてきた

先日、廃棄物業界の最前線を感じる事ができる場所に行ってまいりました。
環境展などの展示会にいってきたわけではありません。
よりリアルな場所です。それは全国産業廃棄物連合会。

全国産業廃棄物連合会とは

全国産業廃棄物連合会、廃棄物業界では略して全産連といわれますが、正式には公益社団法人 全国産業廃棄物連合会といいます。
産業廃棄物の適正処理を推進し、国民の生活環境の保全と産業の健全な発展に貢献することを目的として昭和53年に創立されました。
なんと僕が生まれた年と同じ。環境系行政書士として運命感じます。
産業廃棄物の適正な処理体制の確立のために全国の処理業者の組織化、経営基盤の整備、研修会の開催、処理技術の研究、福利厚生制度や保険制度の充実、専門誌の発行など事業を展開している全国組織です。

そこに何をしに言ってきたのかというと、その下部組織である全国産業廃棄物連合会青年部様にお呼びいただき、会議のオブザーバーとして参加させていただいたのでした。

全国産業廃棄物連合会青年部とは

全産連の下部組織と言っても、参加されているのは全国の有名な廃棄物事業者の社長様ばかり。
特に今回は正副会長、後半は全国青年部幹事会というまさに全国トップレベルの皆さまが集う会ですので、大変緊張しましたが、それ以上に非常に得るものも多い会でした。
環境省の調査では、廃棄物業界は市場規模5兆円、産業廃棄物の処理業者数は11万社を超えますが、全国から業界を代表するような社長様が集まり、廃棄物業界をより良い業界にすべく、長時間に渡り議論を重ねているのを体感できたのは行政書士という立場からも非常に勉強になることばかりでした。

廃棄物業界の課題

廃棄物業界は非常に多くの課題を抱えています。
世界的にリサイクル率が普及してくる中での経済の圧迫、なくならない不適正処理や不正輸出、法律と実態の乖離、業界に根付くイメージなど業界全体で取り組まなければ解決できない課題が山積みです。
しかし、実際にこうして自分たちのいる業界を良くしよう、より良い環境を後世に残していこうと、非常に忙しい業界のトップランナーたちが意見を出し合って、そして実行しているのです。
正直、一番驚いたのがその熱量でした。自分の会社が良ければいいと思う参加者は1人もいなくて、業界を良くしていかねばならないという使命感の強さに、僕達行政書士も間接的にでももっともっと環境行政に貢献していかねばならないと決意を新たにしました。
改めて僕達行政書士は、行政と事業者との間にたち、法的な側面を中心にサポートし、法の目指す社会を実現する仕事なんだと感じています。
事件は現場で起きているではないですが、法律の勉強とあわせて、こうして現場に触れ、最新の情報を蓄え、個人的に目指す環境系行政書士への道を極めていくべく研鑽していきたいと思います。

大掃除に向けて知っておきたい廃棄物の豆知識

小学生の頃から整理整頓が△だった石下@産業廃棄物許可担当です。
ただでさえ書類の多いこの仕事、実は向いていないのではないだろうか・・・とは言えもう11月も最終日、いよいよ年末の足音が近づいてきました。
そうなるとちょっとずつ話題に出てくるのが年末大掃除。
今回はその大掃除について知っておきたい法律のお話です。

廃棄物には種類がある

そもそも廃棄物、つまり不要なもの、ゴミにも種類があるのをご存知でしょうか。

公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターのHPから抜粋)
上記の表を見ると、家庭から出るゴミに関しては家庭廃棄物として一般廃棄物に該当します。
ここで問題になり得るのが、事業活動から出たゴミ、つまりオフィスから出たゴミについてです。

オフィスから出たゴミは産業廃棄物?

うちの事務所でも最終営業日には、仕事終わりにみんなで事務所の大掃除をする予定です。
きっと同じような会社や事業所さんも多いのではないかと思います。
では、オフィスや事業所から出るゴミは事業活動から出るゴミとしてすべて産業廃棄物に当たるでしょうか?
答えはNOです。
産業廃棄物にあたるものもあれば、当たらないものもあります。
つまり、上記の表で言うところの事業系一般廃棄物に該当するものがあるのです。

事業系一般廃棄物とは?

事業系一般廃棄物とは、事業活動から出るゴミのうち、産業廃棄物に当たらないものを言います。
事業活動から出るゴミであれば全て産業廃棄物というわけではないのです。
では産業廃棄物とは何でしょうか?
廃棄物処理法では廃棄物とは以下のものとされています。

産業廃棄物の種類と具体例

種類 具体例
あらゆる事業活動に伴うもの (1) 燃え殻 石炭がら、焼却炉の残灰、炉清掃排出物、その他焼却残さ
(2) 汚泥 排水処理後および各種製造業生産工程で排出された泥状のもの、活性汚泥法による余剰汚泥、ビルピット汚泥、カーバイトかす、ベントナイト汚泥、洗車場汚泥、建設汚泥等
(3) 廃油 鉱物性油、動植物性油、潤滑油、絶縁油、洗浄油、切削油、溶剤、タールピッチ等
(4) 廃酸 写真定着廃液、廃硫酸、廃塩酸、各種の有機廃酸類等すべての酸性廃液
(5) 廃アルカリ 写真現像廃液、廃ソーダ液、金属せっけん廃液等すべてのアルカリ性廃液
(6) 廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む)等固形状・液状のすべての合成高分子系化合物
(7) ゴムくず 生ゴム、天然ゴムくず
(8) 金属くず 鉄鋼または非鉄金属の破片、研磨くず、切削くず等
(9) ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず ガラス類(板ガラス等)、製品の製造過程等で生ずるコンクリートくず、インターロッキングブロックくず、レンガくず、廃石膏ボード、セメントくず、モルタルくず、スレートくず、陶磁器くず等
(10) 鉱さい 鋳物廃砂、電炉等溶解炉かす、ボタ、不良石炭、粉炭かす等
(11) がれき類 工作物の新築、改築または除去により生じたコンクリート破片、アスファルト破片その他これらに類する不要物
(12) ばいじん 大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、ダイオキシン類対策特別措置法に定める特定施設または産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設によって集められたもの
特定の事業活動に伴うもの (13) 紙くず 建設業に係るもの(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生ずる紙くず
(14) 木くず 建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、木材・木製品製造業(家具の製造業を含む)、パルプ製造業、輸入木材の卸売業および物品賃貸業から生ずる木材片、おがくず、バーク類等
貨物の流通のために使用したパレット等
(15) 繊維くず 建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、衣服その他繊維製品製造業以外の繊維工業から生ずる木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くず
(16) 動植物性残さ 食料品、医薬品、香料製造業から生ずるあめかす、のりかす、醸造かす、発酵かす、魚および獣のあら等の固形状の不要物
(17) 動物系固形不要物 と畜場において処分した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥に係る固形状の不要物
(18) 動物のふん尿 畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等のふん尿
(19) 動物の死体 畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等の死体
(20) 以上の産業廃棄物を処分するために処理したもので、上記の産業廃棄物に該当しないもの(例えばコンクリート固型化物)

公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターのHPから抜粋)
オフィスや事業所という、事業活動から出るゴミのうち、上記の分類に当てはまるものが産業廃棄物になります。
つまり、例えば家でペットボトルを飲んだらそれは一般廃棄物であり、事務所で同じものを飲んだ場合には産業廃棄物になるわけです。
同じものでもどこから出るかで変わる。
わかりにくいですよね。

業種限定とは?

ではオフィスから出る紙ゴミ、うちの事務所でもたくさん使っていますが、それは産業廃棄物の紙くずでしょうか?
上記の表を見ると、紙くずは特定の事業活動に伴うものとして、建設業に係るもの(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生ずる紙くずとあります。
つまり、うちの事務所から出る紙くずは産業廃棄物でなく、事業系一般廃棄物にあたるのです。

ゴミを出す際の注意点

これまでみてきたように、オフィスから出るゴミは事業活動からでるとはいえ、全てが産業廃棄物なわけでなく、事業系一般廃棄物に分類されるものも多くあるといえます。
ここで問題になるのが、そのゴミの処理を誰に頼んでいますか?ということです。
事務所の大掃除をして大量の紙ゴミが出たとしましょう。
それは一般廃棄物に分類されます。
つまり、この紙ゴミを産業廃棄物の許可を持っているだけの業者さんには処理の委託をお願いできないということになります。

廃棄物に係る許可について

産業廃棄物と一般廃棄物、それぞれについて、収集うして運搬するにはそれぞれ産業廃棄物収集運搬業、一般廃棄物収集運搬業という許可が必要になります。処分をするならそれぞれについての処分業の許可が必要になるのです。
オフィスから出たゴミを持っていってもらう際、何の許可を持っているのかがとても重要なのです。
なぜなら、万が一無許可の事業者さんに処理を委託してしまった場合には、そのゴミを出した会社に対しても排出事業者責任として法的な責任がかかってくるからです。
これからの大掃除の季節、廃棄物の種類を気にしながら、ちゃんとした許認可を持っている業者さんに処理の委託をすることに注意してくださいね。
もし良い業者を紹介してほしいということであれば、ぜひGOALにお気軽にご相談下さいませ。
 

不用品回収に要注意?不用品回収の許認可とは

週末の朝、気持ちのよい静かな朝に聞こえてくるもの・・・
鳥の鳴き声や、川のせせらぎなどならいいでしょうが、車のスピーカーから大音量で流れてくる音に不快さを感じる方もいるのではないでしょうか?

不用品回収に必要な許認可とは

うちの近所だけかもしれませんが、毎週のように8時頃になると家の前を、「ご家庭で不用になった家具や家電を、無料で不用品を回収します。お気軽にお声かけください」とスピーカーで大音量でアナウンスしながらゆっくり運転する車が来ます。
その時間は家族でご飯を食べているのですが、うるさくて窓を閉めています。12階でもそのレベルなので、低層階の人や近所の方はもっとうるさく感じていると思います。
そもそも東京都の条例でも「拡声機による暴騒音の規制に関する条例」というものがありますが、他の法令にも違反している可能性が高いのをご存知でしょうか?

不用品回収をするために必要な許可がある

一般の家庭から出るゴミを運搬するためには、一般廃棄物収集運搬業という許可が必要です。

産業廃棄物を運ぶ許可を産業廃棄物収集運搬業といいますが、産業廃棄物は事業活動に伴って出る廃棄物のうち、法律で定められたものをいいますが、一般の家庭から出るゴミ、つまり廃棄物については事業活動に伴うものではありませんので産業廃棄物には当たりません。
不用品回収業者の中には、産業廃棄物収集運搬業の許可を持っていることをチラシ等にアピールしているところもありますが、一般家庭からのゴミを運ぶためには産業廃棄物収集運搬業の許可を持っていることは関係ないのです。

一般廃棄物収集運搬業の許可は取れない?

このように一般の家庭から出るようなゴミを収集運搬するには一般廃棄物収集運搬業の許可が必要なのですが、多くの自治体では新規でこの許可を取ることは非常に難しくなっています。
既存の許可を持っている会社などが許可を廃止したりした場合にしか新規で許可申請を受け付けない自治体もあり、許可要件を満たせば許可が取れるというのが一般的な許認可であるのですが、一般廃棄物収集運搬業は例外的な扱いになっています。

買い取る場合には?

では、業者が買い取る場合にはどうでしょうか?
この場合には古物商という許可が必要になります。古物商とは簡単に言うと、中古品の売買、交換等に必要な許可になります。古物商とはもともと盗品を転売するのを防止することが目的ですので、管轄の警察署を経由して、公安委員会に許可申請します。
もし、不用品回収業者が不用品を買い取る場合に古物商の許可を持っていない場合には、古物営業法違反になります。

家電リサイクル法にも違反する可能性も

冷蔵庫や洗濯機などの家電リサイクル品を引き取る場合は、「家電リサイクル法」も対象になってきます。
これらの家電リサイクル品は、不適切な処分をすると、深刻な環境破壊を引き起こすおそれがあります。だからこそ、許可を得た業者が適正な手段で、分解やリサイクルを行うよう、法律で定められているのです。
いわゆる無許可業者が回収、運搬することは、不適正な処理が行われる可能性もあり、環境に対しても悪影響を及ぼしてしまうことにつながりかねません。
この点は環境省も動画やポスターなどで啓蒙していますが、実態としては無許可業者に寄る不用品回収が減っていないようです。
https://youtu.be/H6IJxOvBgGw

まとめ

不用品の回収は廃棄物処理法や、古物営業法、家電リサイクル法や各条例などについて規制があります。
処理を委託する側としても、回収や運搬をする側としても、しっかり法令を守り、廃棄物が適正に処理されていくことで、よりよい環境を未来に残していきたいですね。