行政書士法人GOAL

取材依頼はこちら

図柄入りナンバープレートで地域活性化!

2017年4月から導入された図柄入りのナンバープレート。
この図柄入りナンバープレートが、またちょっと熱くなりそうです。

図柄入りナンバープレートの概要

街中を走る車のナンバープレートが最近カラフルになっているのに気づきませんか?
これは今年4月から導入された図柄入りのナンバープレートで2019年東京での開催が決まっているラグビーワールドカップの大会支援を目的として導入されました。
現在はラグビーワールドカップと2002年開催の東京オリンピック・パラリンピックが発行されています。
ラグビーワールドカップの図柄入りナンバープレートについてはこちらの記事でも書いておりますので、ご参考にしてください。

図柄入りナンバープレート、地方へ

現在、ラグビーワールドカップと2002年開催の東京オリンピック・パラリンピックの2つで発行されていますが、これが2018年3月から各地方でも導入の申し込みが開始され、2018年10月頃に交付開始される予定です。今回は寄付金を交通改善、観光振興などに資する取り組みに活用したいとのを要望から導入が決定されたようです。

京都府HPより引用

導入される地域

今回下記の41地域で導入されます。

  • 東北:「盛岡」「岩手」「平泉」「仙台」「山形」「庄内」
  • 関東:「土浦」「つくば」「前橋」「越谷」「成田」「柏」「世田谷」「杉並」「富士山」
  • 北陸信越:「新潟」「長岡」「富山」「金沢」「石川」
  • 中部:「福井」「富士山」「豊田」「春日井」
  • 近畿:「滋賀」「京都」「奈良」
  • 中国:「鳥取」「福山」「下関」「山口」
  • 四国:「徳島」「香川」「愛媛」「高知」
  • 九州:「長崎」「佐世保」「熊本」「大分」「宮崎」「鹿児島」
    この41地域に加えて2019年3月にも新たな地域名表示の追加募集される予定とのことです。

まとめ

弊社では出張封印(管轄の運輸支局へ自動車を持ち込むことなく、ナンバープレートの交換を行う制度のことです)にも対応しています。
そのため、お客様からの依頼で、この図柄入りナンバープレートで登録をされる車両と出会うことがあります。
地方で導入が開始され寄付金が集まり、それを交通改善、観光振興などに活用すれば地域が活性化されるかもしれませんね。
地方導入が開始されましたら、東京の地域であれば出張封印でお手伝いが可能なので、お気軽にご相談ください!!
 

当選確率はなんと〇〇倍!ナンバープレートの希望番号の秘密とは?

今回は一般貨物自動車運送業の要件から離れてナンバープレートの希望番号のお話です。

希望番号とは

希望番号とは、お車のナンバープレートの番号(4ケタの番号)を自分の希望の番号をつけることが出来る制度です。
希望番号には抽選希望番号一般希望番号の2種類ありまして、抽選希望番号は特に人気の高い番号を抽選制で発行している番号で全国一律に抽選番号となっている番号のほかに地域に特別に抽選番号となっている番号があります。一般希望番号は抽選希望番号以外の番号になっています。ちなみに普通車の品川ナンバーですと下記が抽選番号となっております。

  • 1、3、5、6、7、8、9、10、11、18、33、55、77、88、111、333、555、777、888、1000、1001、1010、1111、1122、1188、2019、2020、2525、3333、5555、7777、8008、8888の33個

先日お話したラグビーナンバーが発行されたことによって図柄のナンバーにするときに同時に希望番号にされるという方が増加していますね。「2019」ラグビーワールドカップの日本開催の年なので人気の高い番号になっていますね。「2020」東京オリンピックの開催年ですね。

当選確率はなんと・・・!

抽選希望番号は毎週日曜日まで申込の受付をしていて月曜日にコンピューターによる抽選がされ当選すると取得できます。
特に「7」は人気が高く、とある地域のナンバーで当選確率を聞いたらなんと20倍でした!
なので、運良く一発で当選する方もいれば、当選するまで何ヶ月も待ってようやく当選という方もいらっしゃいます。
奇跡を信じるしかありません。(笑)

まとめ

希望番号に変更するだけであれば、当選を根気強く待てばいいですが、納車希望日がある方は事前に納車スケジュールを考慮された方がいいですね!
昔はよくこれって誕生日じゃないかなって番号を見かけましたが、最近でもまだ誕生日を番号にしている方はいるのだろうか?

ラグビー×車好き注目!ワールドカップ特別仕様ナンバープレートとは?

2015年に開催されたラグビーワールドカップで日本代表が大活躍し、一気に人気が高まり、五郎丸選手のポーズも流行りましたよね!日本代表の快進撃に開催中は日本中が湧きました。
そんなラグビーワールドカップが2019年に日本でしかもアジア初の開催となります。

ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート

ラグビーワールドカップ日本初開催を記念して国土交通省が大会関連のロゴマークの入ったロゴ入りナンバープレートの発行を決定しました。
こうした国際的なスポーツイベントなどに特別仕様のナンバープレートを国土交通省が交付するのは初めてのことです。

ラグビーナンバープレートの概要

今回の特別仕様のナンバープレートは大会開催を記念としてと大会開催を支援を目的としており、ラグビーナンバーには「大会関連マークと図柄の入った寄付金有り」と「大会関連マークのみの寄付金なし」の2種類があります。
対象となる車両は

  • 自家用の登録自動車
  • 事業用の登録自動車
  • 自家用の軽自動車

です。
寄付金の最低金額は1,000円で、100円刻みで100万円まで寄付が可能です。
寄付金以外にも交付手数料があります。
交付手数料はナンバープレートの種類、大きさ、枚数によって異なります。

どうやって申し込むのか?

ラグビーナンバーは自分でWEBから申し込む方法とディーラー・整備工場に相談して申し込む方法があります。
もし自分で申し込む時に手続きに不安がある場合は、自動車検査登録事務所・運輸支局軽自動車検査協会へ相談してみましょう。
ナンバープレートは、現在の番号のままラグビーナンバーにする方法と、希望の番号に変更する方法があります。
希望の番号にする場合は下記の場合に限ります。

  • 新車・中古車を買う場合
  • 管轄変更を伴う名義変更または転居による住所変更を行う場合
  • 現在のナンバープレートを紛失、破損、汚損して番号変更を行う場合

まとめ

仕事柄、自動車検査登録事務所・運輸支局、軽自動車検査協会にはよく行きますが、ラグビーナンバープレートの交付を受けている方は必ずいますし、街中でも実際に装着している車も見かけます。
こうした取り組みをスポーツを通して行政の側からされるのは素晴らしいことだと思います。
ご興味ある方は、是非検討してみてはいかがでしょうか!