スタッフ紹介

プロフィール

名前
澤海志帆
資格
行政書士
担当業務
遺言相続、福祉事業サポート
所属
行政書士法人GOAL 川崎支店

新潟県上越市出身。上智大学心理学科を卒業後、介護業界に就職。

大手訪問介護事業所や有料老人ホームにて介護報酬請求や経理・事務をメインに運営側と現場の橋渡し業務を行う。医療法人が経営するターミナル型施設の立ち上げにもかかわる。

就業しながら行政書士の資格を取得し、29歳で愛するサッカーチーム『川崎フロンターレ』のホームタウンでもある川崎市にて独立開業。2018年9月より行政書士法人GOALに合流。

各種イベントやセミナー等の講師も務める他、日本一の介護事業所を決める大会『介護甲子園』の運営にも携わる。

Interview

1:主な担当業務を教えて下さい。

-大きく分けて2つあります。遺言書の作成や相続手続きなどの、いわゆる『終活』のお手伝い。そして福祉事業者さまの開業・運営サポートです。

2:担当業務の魅力は?

―大切なご家族を亡くされたときや、起業するときなど人生の大切な瞬間に携われることですね。まったく同じ案件はひとつとしてないので、何年経っても新規のご相談を受ける度に新鮮ですし気が引き締まります。

3:この仕事をしていて嬉しかったこと・印象に残っていること

―一生の中でそう何度もない大変なときに頼っていただけること、選んでいただけることは本当に有難いことですし、その結果お役に立てたときは本当に嬉しいです。同時に、信頼関係が全てなので忙しくても常に丁寧に対応できるよう心がけています。

4:休日の過ごし方について教えて下さい。

―川崎市のサッカーチーム『川崎フロンターレ』のサポーターで、毎年年間チケットを購入しているので試合のある日は夫婦で観戦に行っています。主人の好きな野球チームの試合に連れて行ってもらうことも。何もなければ、家でゆっくり過ごすことが多いです。

5:自慢できること

-フロンターレ後援会会員証がようやくシルバーになりました!
あと、故郷である新潟県上越市は何もないところですがお酒も食べ物も最高に美味しいので自慢の故郷です。

6:座右の銘

『常識』は常に疑え

 

ブログ

お電話でのお問い合わせ
受付時間
定休日
対応地域
事務所の特徴