白石華都

行政書士法人GOAL
行政書士有資格者
●略歴
昭和52年東京都練馬区生まれ。立教大学文学部卒業。
大学卒業後、一貫して広告業界に身を置く。株式会社ベクトルでは、メディアプロモーター及び営業、人事等を担当。ベンチャー企業の創業期を体感する。バカルディ・ジャパン株式会社では、ブランド広報として、多数の洋酒ブランドのブランディングに関わる。1人目の子供の出産を機に、一生社会と関わり、少しでも社会を良くする事業に携わりたいという願いが芽生え、2人目出産の平成25年に行政書士試験に合格。これまで培ってきた広報という経験を、新たなフィールドで生かすべく活動中。

Interview

1:主な担当業務を教えて下さい。

―助成金業務、NPO法人設立のサポート業務、当法人ホームページのコンテンツ作成を始めとした広報業務が担当です。

2:担当業務の魅力は?

―前職までは、PR代理店やブランド広報など、主に広報業務におよそ10年携わってきました。現在は、これまでの広報のスキルを生かしつつ業務に取り組んでいます。広報と行政書士業務というと皆さんに驚かれますが、例えば広報では、リリースを非常に沢山書かされますが、明快で魅力的な文章で記者を惹きつける必要があります。このスキルは、現在、助成金やNPO法人の趣旨書作成の場で非常に役立っています(笑)。主に文章を書くということが現時点では多いのですが、これまでのスキルを生かしつつ、業務を深堀りしていけるところが非常に魅力的です。

3:この仕事をしていて嬉しかったこと・印象に残っていること

―出産を機に、自宅で子育てをしながらも、持続的にスキルを磨き、社会と関わりを持って行くために、資格を取得しました。現在、在宅社員としてお仕事をさせて頂いていますが、夢が叶い、こうして、経験を積み重ねている1日1日が、私にはとても印象的な毎日です。

4:休日の過ごし方について教えて下さい。

―幼児2人の母なので、平日の家事育児関係に追われて休日が過ぎていきます(笑)そんな中でも、公園などで子どもたちが子犬のように走り回っているのを見て、すごく癒されます(笑)

5:自慢できること

-特に無いですが、、、とりあえず、ものすごく運が良いです。

6:座右の銘

-思い煩うことなく、楽しく生きよ

7:行政書士法人GOALをどんな事務所にしたいですか?

-お客様に気軽に色々ご相談頂けるような事務所。
そして一人ひとりの能力が最大化され、一人ひとりが生き生きと働ける事務所。
そのために、「規格外」な発想で色々チャレンジしていきたいです!

facebook

Copyright © 2017 行政書士法人GOAL All Rights Reserved. Google+